CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
SEARCH THIS SITE.
SELECTED ENTRIES
tweet
Cheer Down
LINKS
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
猫のための部屋づくり
猫のための部屋づくり (JUGEMレビュー »)
ジャクソン・ギャラクシー,ケイト・ベンジャミン
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
PROFILE
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< 黒い山 | main | ヘミングウェイの如く >>
駅ビル

新宿店のオープンもあり、そのまま消えてしまうのではないかと心配する人もかなりいた、成り行きが関心を呼んでいた吉祥寺ユザワヤ。ひとまず丸井に移転した後現在の位置に新築される京王ビル(仮)に復活するとのこと。まずはめでたい。

長らくほぼ開店休業状態だった旧ターミナル・エコービルに登場した当時は貴金属や時計売り場もあったしインテリア売り場にはあふれるほどのタッセル(カーテン留め)、文具売り場には圧倒的なスタンプ類もありました。今はかなりシェイプアップされています。あの使いにくいアクセスの悪いビルでかなりのリピーターを生んでいるのですからやはり必要としている人が多いということです。

それにしてもあの旧ターミナル・エコービルはアクセスが悪いというのか回りとの交渉が決裂したというのか駅全体の視点がなかったというのか不思議な建物。かつてフル装備だったころは東京堂書店やらレコード店、楽器屋、ハヤミズ家具だのが入ってた。地下にはシズオカ屋スーパー。この書店、結構賑わっていた。というのも当時井の頭線の券売機横とロンロンは繋がっていなかった。今のフラワーショップ横の通路はありませんでした。そのため例えば音楽誌を買おう思もうとエコービル2階横の小さな書店(にあればいいけど)か1階に下りて通路を通ってロンロンに入ってエスカレーターを上がって行くことになる。というわけで南町や東町方面に帰る人は東京堂が便利だった。「ブックスいずみ」はロンロン連絡通路ができる前にはオープンしていたかな。実は今もロンロンが改装中でちょっとした本を買おうとする場合ユザワヤ地下の啓文堂へ行くというケースが結構あったりする。

しかも井の頭線のホームともなんとなくつながりが良くなく^^;2階のエプロンとも階段が数段あるし電車ホーム位置とはかなり急峻な狭い階段で繋がるという感じ。まあ2階を基本階として井の頭線のホームにあわせて3階展開、なんて考えてしまうんですが、なかなかそうはいかなかったんでしょうね。それに当初は高架にはなっていたものの吉祥寺大通りと井の頭通りが繋がってはいなかったんで、ホーム高さも変わる可能性があったんでしょうかね。

その地下も当初はロンロンの地下とは繋がっておらず(当時ロンロン側は終端位置)ここからロンロンに行くのはなかなか面倒な距離があったりした。あと南口通路横の地下(レストラン)街階段は降りてレストラン街を少しだけRに歩いて再び昇り階段へと繋がりユザワヤ1階に繋がるというなかなかの罠だったりする。

さてさて時を経てイマドキの設計ではどれくらいアクセス性がアップするのか?楽しみ

JUGEMテーマ:日記・一般
| 街衢 | 17:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 17:19 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://zapple.jugem.jp/trackback/508
トラックバック