CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
SEARCH THIS SITE.
SELECTED ENTRIES
tweet
LINKS
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
猫のための部屋づくり
猫のための部屋づくり (JUGEMレビュー »)
ジャクソン・ギャラクシー,ケイト・ベンジャミン
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
PROFILE
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< とういわけで吉祥寺ヨドバシ6.23 | main | Dance Tonight on youtube >>
次もあるようで一安心

婦人公論の6月7日号に田村正和さんのインタビュー。映画のプロモーションの一環、の割にはかなりザックバランな内容。試写を見たときも落ち込んだとか、どうもチグハグな部分もあるとか、もう一回やりたかったとか、照れもあるとはいえもうひとつだった様子。なにせヒロインが伊東美咲嬢であるしなぁ(^^;。ルックス的には以前CM(2002)に惚れた私ですが、芝居となるとかなりがっかりなことが多い。ま、その分あんまり期待しないで本編を見ることができるんでなんとなく気楽。


田村さん自身はまだ映画もやりたいということなんでその辺は結構嬉しい発言。次のドラマはちょっとカッコイイ系だとか。


しかし婦人公論の他の見出しはアケスケでwww


ドラマといえばGW頃に橋爪功さんの茶屋次郎シリーズ「信州天竜川殺人事件・浄瑠璃人形の呪いか?激流が飲み込んだ死体・封印された手紙の謎」がありましたね。角野卓造さんとの共演シリーズ。絡みのシーンは前半と後半に少しではありますが、なかなか楽しい。今回はヒロインが渡鬼繫がりの藤田朋子。まあなんというか華のない感じで、ちょっとストーリーを支える色はなかった。



橋爪さんも今や円の代表。一方角野さんも文学座ではかなりのポジション。というより今年NHKで角野さんにスポットを当てる番組があったのですが、その中で北村和夫さんが、「そろそろチェリーできるんじゃないか」と、話されていた。そういう番組であるからという面もあったとはいえ北村さんが急に亡くなった今、重要なメッセージになるかもしれない。


それはそれで(オイオイ)、このあたりで「カミさんなんてこわくない」のスペシャルを田村、橋爪、角野でやってみたら面白いのに。ただ単に私が見たいと。ヒロインは遠野凪子さんや紺野まひるさんでどう?(って(^^;)。前回がシナトラを使っていたんで今度はディーン・マーティンか木村カエラあたり(単なる趣味かよ)で。


| 映画・テレビ | 23:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:41 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://zapple.jugem.jp/trackback/319
トラックバック